七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

何年かぶりに私が耳鼻科の検査と診察を受けたお話。

訪問有難うございます。

 

喘息が少し落ち着いてきた私です。

 

f:id:chiru-emma:20190524145011j:image

 

さて、次男も

幼稚園に行くようになり

一人で病院へ行けるようになり

気持ち的にも楽になったところで

 

約5年くらい放置していた

当時リンパ節炎の診察でたまたま見つかった

喉のポリープと

甲状腺にあった1~2ミリの腫瘍がどうなったのか

先日耳鼻科へ行き診察を受けてきました。

 

まず問診を受けてから

運よく甲状腺の超音波検査も

予約なしで受けることも出来て

診察を受けました。

 

甲状腺の前に喉のポリープを

鼻からスコープ?内視鏡みたいなものを

喉の奥まで入れて診てもらいましたが

ポリープというよりは

舌下(舌の根元らへん)にポコポコと何個も

あるようで

特別問題なるものではないと分かりました。

先生は『舌下なちゃら…』難しくて

何て言ったか忘れましたが(さすがADHD)

放っておいて大丈夫だそうです。

 

で、問題の左の甲状腺の腫瘍ですが

先生は『左の腫瘍は7.5ミリで右は1ミリ程度で

これだけゆっくり大きくなってるのは

良性腫瘍だし、まだ何もしなくても大丈夫。

またリンパ節が腫れたり

甲状腺が腫れることがなければ

また、3~4年後に受診で大丈夫ですよ。』

 

と、先生に教えてもらい

「良かった~」と安堵した後に「あれ?」と

頭の中で整理し始めて

先生に「7.5ミリ?大丈夫ですか?

あと、先生、右に1ミリって言いましたよね?

右にも腫瘍出来たのですか?」

と、思わず聞き返してしまったのですが

 

先生は『うん、本来なら見つからないくらいの

大きさだけど右にも1ミリの腫瘍があるよ。

左の7.5ミリもそうだけど良性だと思うし

正直どうすることもできないし

何も処置する段階ではないから

そのまま様子見で大丈夫ですよ。』

とのことで

頭の中も整理がつきました。

 

大学病院の先生が大丈夫と言うんだから

大丈夫なんだ。と、思うしかないですよね。

 

先生にお礼を言って診察終了しました。

 

気になっていた事が1つ解決しました。

 

まだまだやりたい事はありますが

 

焦らず1つずつやっていこうと思っています。

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

SPONSORED LINK