七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

食べ物が毒に見える現象

SPONSORED LINK

現在ダイエット中ですが

拒食症にならない様に気をつけてやっては

いるものの

私の悪い所なのですが

先生に体重増加指導を受けるのが不安とか

また脂肪肝になるのではないかとか

減量〜減量〜と考えると

【食べ物が毒に見える現象】って言うのが

出てきます。

 

今日それが少し出て来ていて

完食が出来ずに残してしまいます。

 

食べ過ぎだったのが今回の増量の原因なので

普段はあまり食べないので

それに戻せば良いだけなのに

口にするものが毒に見える現象…が現れると

これが厄介です。

幻覚の様に本当に食べ物が毒々しく見える訳でわないです。

ただ食べ物=毒 みたいな思考になるだけです。

 

食欲が失せるんですよね。

これが強く出てしまうと拒食症になります。

それだけは阻止するのも私の課題です。

 

拒食も過食もダメなのは分かっていても

ストレスが強くかかるとどちらかに傾きます。

 

私の場合は楽しい事があると過食気味になり

嫌な事があると拒食気味になります。

 

そのうえプレッシャーがかかると

食べ物が毒に見える現象が起きます。

 

きっと焦りなんでしょうね。

摂食障害は10代からの付き合いなので

長い付き合いです。

 

少し食に拘らず気分転換が必要なんだと思います。

SPONSORED LINK