七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

NASHの経過は順調。

SPONSORED LINK

f:id:chiru-emma:20180127091515j:image

 

月に1回の呼吸器科と消化器内科と精神神経科の受診は

同じ大学病院で診察を受けているのですが

 

消化器内科の方は

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)と

逆流性食道炎と食道裂孔ヘルニアの経過を診てもらっていて

主にNASHを慎重に診てもらっているのですが

正月太りした体重も完全に元の体重には戻りませんでしたが

普段の体重+1〜2kgまで減量も出来たので

先生にも体重に関しては指導受ける事はありませんでしたが

(食べる食べないが極端過ぎるのは良くないよ!とは

言われましたが、確かに何でも極端な性格で困ったものです。)

ただ、私にはストレスも付きまとっていることも

先生は知っているので

『毎日体重計に乗ることが強いストレスになって

摂食障害が出るようであれば逆効果だから

体重計は2日に1回か3日に1回でも良いから

定期的に体重計に乗るという継続が大切だから

ね。』と

アドバイスをしてくれました。

 

消化器内科の主治医の先生は、私が大学病院へ

転院してからずっと診てもらっている先生なので

長い付き合いになりますが

ユーモアもあり面白い先生でもあり

でも、体重が増え過ぎたり

定期的の血液検査で血液数値や

腹部エコー検査の結果が悪かったりすると

真剣に肝機能にどのように影響するか等を

何度も分かりやすく説明してくれたり

患者さんの事を思ってくれている先生なので

とても信頼している先生です。

 

今回は定期的な血液検査もありましたが

血液検査の結果もLもHもほぼ無く良好で

肝機能に関わる数値も安定していたのは良かった

のですが、ヘモグロビン数値とかがLだったので

貧血気味なのは引っかかってしまいましたが

元々低血圧だったり貧血になりやすいので

貧血は私の中では許容範囲内なので鉄分ある物を食べる様に気をつけます。

 

まだ体重は元に戻ってはいませんが

元の体重よりももう少し減量したいので

昨年は急激に減量し過ぎたので

今年は1ヶ月に1kgくらいずつ

喘息持ちなので激しい運動は出来ませんが

散歩がてらウォーキングをしたり

ストレッチをして筋力も付けつつ

ゆっくり減量を進めて行きたいですね。

 

とは言いつつも、今は路面凍結でウォーキングも

厳しいので

(本当冬が嫌い)

本当に早く春になっていっぱい歩きたいですね。

 

前回、喘息のお話しした時に話した外出前のメプチン1吸入作戦。

私の場合は完全にではないですが

喘息発作までにはならなくなり効果が出ているようです。 

SPONSORED LINK