七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

ADHDの私の子供部屋のズボラな片付け方法。

SPONSORED LINK

 f:id:chiru-emma:20180128130805j:image

 

末っ子はまだまだ幼い(今年3歳になります)のですが

毎日見事にオモチャを散らかします。

 

日によって遊ぶオモチャも違うので

その日遊びたいオモチャをチョイスして

入れ物に入れて今に持って来て歩いてみたり

入れ物から出して遊んでみたりします。

 

そのチョイスをする時に

興味が無いオモチャはポイポイ

オモチャ収納ケースから出してそのまま放置したり

時にはオモチャ収納ケースをひっくり返してしまったり

あっという間に子供部屋はオモチャで散乱して

悲惨な光景になりますが

呑気な私は[あ〜散らかしてるな〜]くらいで

末っ子にあまり『片付けなさ〜い!』とかは

口煩くは言わないです。

危険な行為とかの場合は勿論注意しなくてはダメですよ。

末っ子目線まで下げて

真面目に何故ダメなのかを話しながら注意しますが

基本自由に遊ばせて居ます。

 

何度かブログ内でもお話ししていますが

私は床に物が散らかっているのが嫌いです。

矛盾している様にも思われるかも知れませんが

子供部屋は別物と言うか自由にさせています。

(居間で散らかしたオモチャは直ぐに子供部屋に戻します)

 

自分が身内の虐待で子供の頃に

自由がなかったせいもあると思いますが

家で遊ぶ時は自由にしています。

 

[何故散らかすの?何故片付けないの?]と考えてイライラするのは

母子共に悪循環だと思っています。

 

夕方もしくは夜になったら私が子供部屋の片付けをするのですが

几帳面ではなくズボラなので

衣装ケースサイズくらいのキャスター付き子供用の収納ケースが

我が家には2つあって

そのケースに散らかったオモチャを淡々と入れていくだけです。

その光景を末っ子が見てて、何も言わなくても

一緒になってオモチャをケースに入れて手伝ってくれます。

そしたらあっという間に散らかった子供部屋も

スッキリ片付きます。

その後さっと掃除機をかけてしまえばバッチリですね。

そして手伝ってくれたらその場でいっぱい褒めます。

 

オモチャ収納ケースさえあればイラつく事もないです。

 

あと私の場合は定期的にオモチャ断捨離のように

収納ケースを2つ並べて、必要な物か不要な物かを

分けて不要な物は処分しています。

 

末っ子にはまだ整理整頓は難しいですが

整理整頓も同様で無理矢理強制的にやらせたり

親が口煩く言いながらするよりも

親がお手本になってやり方を見せてあげたり

一緒に会話しながらやれば

きっと子供にも身に付いていくと思うのですよ。

意外と子供って親の行動をよく見ていると思います。

 

我が家の場合は末っ子が几帳面な性格をしているので

整理整頓の仕方を理解したら、ズボラな私より

全然上手にお方付けや整理整頓が出来るように

なる気がします。

 

そうなる日もそんなに遠い日ではないような気もしますね。

SPONSORED LINK