七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

次男の発達検査の日が近づいて来ました。

SPONSORED LINK

 f:id:chiru-emma:20180130171517j:image

 

末っ子こと次男の発達検査の日がいよいよ近づいてきました。

 

歳の離れた長男がてんかん

知的には問題はないのですが

アスペルガーやらLDやらADHDやら

ありとあらゆる発達障害を持っているので

長年療育もしてきたのもあり

 

次男の発達を見ていると

癇癪持ちなのと不注意と多動な面があり

保健師さんに指摘された言葉の遅れも

以前、歯医者さんでフッ素を塗りに言った時に

『オーバーバイトだね〜』と先生に言われて

説明を受けてもよく分からなくて

 

家で検索してやっと頭に入りましたが

(オーバーバイトを説明するのは今も難しいので

気になる方は検索してみてください)

そのせいもあって発音がイマイチなのかな〜と

思ったり

 

どちらかと言うと次男は長女の幼児期に

似てる様な…と言うより結構似てて

長女も次男くらいの年齢の時に言葉の遅れと

癇癪持ちを指摘されて

幼稚園や保育園に行かせるよりは

言葉の療育みたいなのを勧められましたが

「幼稚園の年少さんに入園させてみて様子見てから

療育も考えます」と

とりあえず療育は考えないで幼稚園を選択したのですが

(上の子達の時はまだ待機児童なんていない平和な時代でした)

 

幼稚園に入園してから普通に喋るようになって

発達にも問題はなく

今では娘は大学で文系に在学しているので

(残り数ヶ月で卒業です)

 

次男の癇癪や言葉の遅れもそれ程心配はしていないのですが

ただ[不注意][多動]があるので

不注意で周りをよく見てない所や

お買い物に行くとカートに乗せるか

次男と私の手と手をバンドで繋ぐ素敵アイテムを

装着しないと

テンションが上がって周りをよく見ないで

店内走り回って手に負えない所があるので

軽度のADHDはあるのかな〜と思っていますが

 

私自身もADHDですし…

 

長男は多動がないADHDで物静かで

自分の世界をとても大切にするタイプで

 

次男とは真逆な性格なので兄弟でも性格は様々で

それぞれ個性豊かでいい事だ〜と

呑気に個々の成長をみて来ましたが

 

とりあえず保健師さんのアドバイス

発達検査を受けるのですが

1時間くらいの検査自体は全然大丈夫なのですが

私がちょっと検査に憂うつになる

理由がありまして…その理由が

検査していただく先生が[初対面の男性]っていう理由です。

男性が嫌だ〜って言うわけではないですよ。

 

こういう時にPTSDの症状が出て来てしまいます。

 

未だに別人だと分かっていても

年配の女性の方が祖母とダブって見えてしまったり

歳上の男性が父親にダブって見えてしまったりするのが厄介なだけです。

 

でも今までも病院の男性の先生や学校の先生や

職場の男性とも普通に対応できていたので

全くダメだと言うわけではないのですが

 

ただ初対面の男性の先生といきなり

1時間くらい話したりするのが

不安と言うかストレスなだけで

耐えられない訳でもなく、多分その場では

普通に接しれると思うのですが

(一応パニックを起こさないように頓服は飲んでいきます)

その後に帰宅してからのストレスや

どっと疲れるのが想像ついてしまい憂うつに

なるのが嫌なだけです。

 

次男の検査はとくに心配はしていませんが

自分がしっかりしなくては…っていう感じです。

情けないですね。

 

保健師さんに一緒にいてほしいくらいですが

そんなワガママも言ってられないので

頑張るしかないですね。

SPONSORED LINK