七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

息子の発達検査に行った結果《後編》

SPONSORED LINK

f:id:chiru-emma:20180205160910j:image

 

今日は今のところ晴れています。

最近天気予報が寒さ以外は結構ハズレます。

 

前回の続きです。

 

www.chiru-emma.com

 保健師さんは福祉課の場所を教えてくれたのですが
福祉課は私が年に数回手続きで行く場所なので
保健師さんにもお礼を言ってお別れして
次男と2人で福祉課へ行って
福祉課の人に先生から渡された紙を提出して
「先生から児童デイサービスの手続きを
する様に言われたので来ました。」と説明して

福祉課の人に教えてもらいながら
必要書類に記入したりして
福祉課の人に『それでは週何回くらい通う予定ですか?』
と質問されたのですが
ついさっきいきなり児童デイサービスと言われた
ばかりで状況整理が出来ていない事を
福祉課の人へ説明をしたら理解してくれて
『では、とりあえず週1〜2回にしておきますね。』
と言われて「あ、はい…」と答えたものの
次に福祉課の人が
『直ぐに通いますか?』と言うので
いやいや〜(2回目)だからまだ全く何も決めてない状況なのを説明して
とりあえず手続きは済ませたので
福祉課の人から市の児童デイサービス一覧が載ってる
冊子をいただいて役所から出たのですが

何だかポカーンという感じで
先生の見解をゆっくり聞きたかったな…とか
遠城寺の検査結果の詳細も聞きたかったな…とか
何だか訳の分からないまま終わった感満載で
次男の発達検査は終わったのですが

後日担当の保健師さんに先生の見解を聞いてみてから
児童デイサービスをどうするか考えようかな〜と
思っています。

パパさんに報告をすると…
『本当に行かせる必要があるのか〜?
お前に任せるよ。でも何があるかわからないから
お前がしっかり見てないとダメだぞ!』と
相変わらずの私に丸投げです。

正直、福祉事業所は私の友人数人が作業所や児童デイサービスの指導員で
働いていて内情を聞いたりしているのと
役所での手続きの仕方は作業所と
児童デイサービスも殆ど同じなのが分かったのと
長男が支援学校へ行っていた時に作業所へ実習へ行っていて
あくまで作業所の方ですが私も見学にも行ったこともあり
(長男は福祉事業所ではなく一般就労しています)
そんな感じでイマイチ信用していない私です。

それでも児童デイサービスを利用しなくてはいけないのであれば
今すぐではなくて友人から情報収集して
見学もしっかりしてなるべく親子通所の所を選びたいのですが

児童デイサービスも人気なところは満員だったりで
保活+児童デイ活もしなくてはならなくなりました。

今後どうなることやら。

それよりも検査結果をゆっくり教えてくれ〜って
感じです。

SPONSORED LINK