七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

次男の児童デイサービスのお話し。行って来ました編

SPONSORED LINK

 

訪問ありがとうございます。

 

春が近づいて来てるおかげで活動的になってる

私です。

 

f:id:chiru-emma:20180313163843p:image

先日、次男の児童デイサービス体験見学へ行って来ました。

 

前回までの経緯は↓

www.chiru-emma.com

 

今回の体験見学は

少人数クラスでの体験見学だったのですが

 

人見知りもしないのと知らない場所でも

動じない次男ですが

最初の自由遊びまでは良かったのですが…

 

その後からがもうマイペース炸裂で

大変でした。

 

幼稚園の様な感じで

ご挨拶の時間

歌の時間

物作りの時間

集団遊びの時間

読み聞かせの時間

お別れのご挨拶

等々、集中力が切れない様に

短い時間での取り組みは

流石だな〜と思いました。

 

が…

 

次男はマイペースと言うより

スーパーマイペース級に取り組みの切り替えが

出来なくずっと最初の自由時間で遊んだ

ミニカーで遊びたくて

 

終始ミニカーで遊びたいアピールをしてるか

お手洗いするドレッサーで水遊びをしたいかで

 

全く取り組みに参加しないという結果で

終いには帰るアピールをしだして

靴を履こうと必死になる始末…

 

予想以上に集団行動が

今の次男には難しい事が分かりました。

 

自由遊びとオヤツタイムの時間だけ

お利口さんでしたけどね。苦笑

 

帰りの時間に指導員の方と私で少し話し合ったのですが

 

結論から言うと

 

今の次男の状態だと

児童デイサービスはどのグループに入れるかすら

難しい状態で

 

次男のスーパーマイペースな行動や癇癪で

他の子供達へもストレスを与えてしまってました。

 

他の療育中の子供達への影響や危害がないか

私が1番心配していたので

やはり影響はあったことは正直落ち込みました。

 

でもこれは次男が悪い訳でもなくで

障害がそうさせているので治療が必要だと

ハッキリ分かったって事ですね。

 

長男の発達障害で療育に慣れているはずの

私ですら落ち込んだり

私自身を責めてしまう方向にいくので

 

初めて子供の発達障害に直面した

お母さん達はもっと複雑な気持ちや

葛藤があると思いますが

 

誰も悪くないんです。

私もですが障害が影響している事を

受け止めて前向きに療育をしていきましょうね。

 

決して、お母さん自身やお子さんを責めたり

しないでくださいね。

 

そして、絶対にお母さん1人で抱え込まないで

くださいね。

療育は連携プレイで進めて行きます。

周りに話せる相手がいなければ

保健センターの保健師さんや児童相談所

話せる行政機関はありますので

私もそうですが力になってくれる人や

話を聞いてくれる人は必ずいます。

 

次男は児童デイサービスよりも先に医療機関

しっかり検査と診察を受けて

 

一対一の個別カウンセリング(セラピー)療育を受けてから

児童デイサービスを利用する方向で行く事になりそうです。

 

私も見てて思いましたが

次男はどうみてもグレーゾーンではなく

間違いなく何かしらの発達障害があるのは

分かりました。

 

児童デイサービスは後回しになりましたが

小児精神科の先生や臨床心理士の先生に

しっかり診てもらうことが課題になりました。

 

少しづつでも良いから一歩ずつ前進ですね。

 

また進展がありましたら書きますね。

最後まで読んでいただき有難うございました。

SPONSORED LINK