七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

初一人暮らしは朝顔争奪戦だったお話し。

SPONSORED LINK

訪問有難うございます。

 

昔から一つの場所に留まるのが苦手で

引っ越しが大好きな私です。

 

私の一人暮らしとの事ですが

 

父親の再婚を機に不要になった私はポイ捨てされ

いきなり自由を勝ち取ったわけですが

 

まだ未成年だった私は

とりあえず親友の家に1ヶ月お世話になりました。

 

今思い返してもあの時に助けてくれた親友や

親友のご両親には感謝しかありません。

 

今でも大切な親友です。

 

その後は前にもお話ししましたが

歳の離れた兄が賃貸契約の保証人になってくれて

最初の一人暮らしが始まったのですが

 

その物件は大家さんの家が隣と言う古いアパートでしが

 

もう自由なのが嬉し過ぎて

ボロボロアパートでも自分の居場所が出来た

ことの方が嬉しくてたまりませんでした。

 

引っ越しの荷物も殆どなくて

親友のお母さんが布団一式を譲ってくれたので

(本当有難かったです)

 

バイトを掛け持ちしていたので

眠れる布団さえあれば充分な感じでした。

家財は少しずつ増やしていきました。

 

アルバイトの1つが種苗屋さんだったのですが

植物大好きな私には期間契約でしたが

温室あって楽しいバイトでした。

 

丁度、春先に一人暮らしを始めたので

バイト先から使わなくなった鉢と土を貰えたので

朝顔の種】を購入して

玄関先で育てることにしました。

 

掛け持ちバイトでクタクタに疲れても

朝に朝顔の成長をみているだけで

これまた楽しかったです。

 

大家さんは年配のおばあちゃんで

良く話しかけてくる気さくな人でしたね。

 

夏になり朝顔が咲き出した頃には

嬉しかった記憶もありますね。

 

ところがある時から

バイト先から帰って来ると

玄関先の朝顔がいなくなっていて

あれ?っと思いアパートの周りを探すと

何故か大家さんの庭先に私の朝顔があるのですよ。

 

何でだろう…と思いながら

玄関先に戻しても

次の日もまた帰宅すると朝顔が大家さんの庭先に

あって

間違いなく大家さんが故意で朝顔

持って行っているのは分かったのですが

大家さんからは何も言ってこない感じでしたで

 

そう言えば花咲く前から大家さんが

朝顔育ててるのかい?花咲くのが楽しみだね〜』

って言っていたので

開花を待っていたのかもしれませんね。

 

何だか大家さんとの無言の朝顔争奪戦みたいな

日常が滑稽で面白かったから今でも覚えています。

 

最終的には大家さんの無言の粘り強さに

もういいや〜と思うようになり

私の朝顔さんは大家さんの庭先で

沢山のキレイな花を咲かせる事になり

朝顔争奪戦は収束を迎えたのですが

 

その件に関して一切触れない大家さんも

何だか面白かったです。

 

種苗屋さんのバイトの期間契約も終わる頃に

私も少しお金も貯めれたので

この古いアパートよりもう少し築年数が新しい

物件が見つかり引っ越ししました。

 

勿論引っ越し先は隣に大家さんもいない物件にしました。笑

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

SPONSORED LINK