七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

次男の療育。無事初診が終わり診断名が分かったお話し。

SPONSORED LINK

 

訪問有難うございます。

 

今日は強風で体力を奪われる1日だった私です。

 

ようやく自転車も手元に入り

チャイルドチェアーも設置して

後はメンテナンスと防犯登録と路面の完全雪解けを

待つばかりです。

 

さて、本題ですが

f:id:chiru-emma:20180319172157p:image

次男の発達の病院も初診が無事に終わりました。

 

www.chiru-emma.com

 

検査は田中ビネーはまだ無理かな〜と言う事で

【津守式】と言う検査を受けました。

次男を遊ばせながら臨床心理士さんが私から

聞き取りをする感じでした。

 

それが終わると臨床心理士さんが検査結果を

まとめている間

私と次男は待合室で待っていて

いよいよ診察室に呼ばれていざ先生の診察です。

 

先生と次男が少し遊んでから

次は私に先生からの聴き取りでした。

 

そして総合的に先生がまとめて出た診断名は

自閉症スペクトラム障害(ASD)】と【ADHD】でした。

そこで私から先生に『アスペルガー

高機能自閉症ですか?』と聞いてみると

「いえ違いますね。」と先生が優しく答えてくれて

『そうなると昔で言う自閉症ですか?』と

聞いてみると

「そうですね。」と答えてくれました。

今回はIQは測れませんでしたが

DQが基準値よりギリギリ低く

程度で言うとASDの中度とADHDと言う事でした。

 

私はアスペルガーADHDかな〜とは思っていたので

ある程度心構えは出来ていましたが

それでも中度と分かった時はやはり複雑な気持ちになり

 

私のが遺伝してしまって申し訳ないな…と

ネガティブな事が頭をよぎったり

 

この先どうなるのかな…って考えてしまいました。

 

でも、診断名が出たって次男は今まで通り

可愛い次男には変わりはないのだから

 

私が受け入れないでどうするの!って

心の中で言い聞かせていました。

 

早く分かって良かったと思おうとか

早期療育が出来きるのだから良かったと思おうとか

次男が成長していく中でつまづかないように

療育して行こう等

なるべく前向きに考えるようにしています。

 

先生から色々お話を聞かせてもらいましたが

次男の場合は

まず大人との関わり方から練習していくのが

大切なので

4月から毎週、週1回通院して心理療法から始めて

行きましょう。

と言うことになりました。

 

近々日程調整をする予定です。

 

初診はこれで終わったので

これからは長期戦になるので

先生や病院の方達に「これからよろしくお願いします」

と、改めて挨拶をして病院をあとにしました。

 

漠然と先の事を考えてしまいがちになるのは

仕方ないかもしれませんが

それよりも、次男との今を1日1日を考えて

行こうと思っています。

 

4月からなら自転車で通院も出来るし

心機一転、私も勉強し直しながら

次男と一緒にのんびり穏やかに

一歩ずつ前に進んで行こうと決めました。

 

私の苦手な冬も終わり春になりましたし

季節も味方してくれてるんだ。

な〜んて思う私です。

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

SPONSORED LINK