七転び八起きの日常

発達障害や持病持ちの私の出来事や同じく発達障害を持つ子供の子育てや日常をマイペースに書き綴ります。

再度婦人科へ行って来ました。

SPONSORED LINK

訪問有難うございます。

 

暑い日が続きますね。

でも寒いよりマシな私です。

 

この暑い中、改めて婦人科病院へ行って来ました。

 

 

www.chiru-emma.com

 

今日は優しい受付の人…気分屋なのかな。

 

久しぶりに主治医の先生に会いました。

保険適用外になるらしく超音波検査はしませんでした。

(前回言ってくれれば前回に超音波しなかったのに…ぼやきです。)

それで前回診てくれた先生の超音波画像を見て

やはり子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症

変わりないようで

子宮摘出手術は出来るとのことでした。

 

と、言っても半年後ですけどね。

 

卵巣は残した方がいいと言われました。

私は1度卵巣を腫らしたことがあるので

いっその事、子宮と一緒に摘出してほしかったのですが

年齢的に骨粗しょう症になるデメリットがあるらしく

「一度に全部摘出したいなら後数年子宮を温存させますか?」

と言われて

大体2年後なのですが…残り2年まで子宮が持つのか

保障もないですし

残り2年なのだから今、全部摘出してくれても良いのでは???

と思いますが駄目みたいいです。

 

なぜ全部摘出してほしいかというと

もう婦人科系で悩まされたくない事や

生理には悩まされなくなりますが

卵巣があることでホルモンバランスには今後も

左右されてイライラしたり更年期も来ます。

そういうので漢方薬も飲んでいますが

薬も減らしたかったからです

 

あと、また卵巣に病変ができたら二度手間になるので

次男を預けれる場所がないのも考えると頭が痛くなりそうです。

 

とのかく手術する方向でまずMRI検査を受けてほしいと

言われて診察は終わったのですが

 

その病院にはMRIがないので

病院とは全く別のMRI専門クリニックに予約をして検査を

受けて来なければいけないくて

それを看護師さんと別室でその専門クリニックに

問い合わせて決めるのですが

 

ここからがきつかったです。

 

別室に呼ばれて行くと

看護師さんと向かい合って座り

(次男は暴走するのでバギーに座らせていました。)

 

で、看護師さんから

MRIの説明をひととおり受けて

(何度も受けているから知っていますが

言われたとおりに返事していました。)

それから続けて看護師さんから

『では、希望日時を第三希望まで教えてください。』

『あと、生理の日は避けてください。』

『あと、子供は同伴駄目ですからね!』

(子供が検査室に入れないのは百も承知だし

そんなに高圧的に言わなくても良いでしょう…

と内心思ったり。ボヤキです。)

 

はい、ブログを読んでくれている方なら

分かると思いますが

口頭でバーッと話されると混乱する私です。

 

いきなり第三希望まで日時を出してと言われても

慌ててスマホのスケジュールアプリを

開いてみて第三希望まで出してみたけど

全部満員。

 

スケジュールアプリと睨めっこしながら

希望日出すけど数回やっても満員

看護師さんもイライラモード

もう私のスケジュールを変更したら良いやと

思い

「空いてる日時を逆に教えてください」と

看護師さんに話してクリニックに

看護師さんが再度電話してくれて

空いている日時を教えてもらって

その中で予約を入れることが出来ました。

 

8月はお盆もあって混み合うのは承知しているし

最初からクリニックの空き情報を問い合わせて

予約日を入れれば看護師さんも何度もクリニックに

電話をしなくて済んだしイラつくこともなかったし

私も尋問みたいな思いをしなくて済んだのに…

と、未だにあの看護師さんの高圧的な態度を

思い出しては気が滅入っています。

f:id:chiru-emma:20180805134818j:plain

 

何だかクレームボヤキ記事になってしまいましたね。

 

とりあえずMRIの予約も取れたし

検査を受けてきたいと思います。

 

また、進展があったら書きますね。

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

SPONSORED LINK